OISR.ORG へようこそ 法政大学大原社会問題研究所

ウェッブ・スタイリストの生活と意見[20]
OISR-Watch2000年10月19日号

野村一夫


■労働資料協の謎、労研饅頭の謎

 前回はちょうど静岡大学での集中講義が重なってしまって、この連載を落としてしまいました。申し訳ありませんでした。けっして燃え尽きたわけではありませんので、OISR-WATCHともども本コラムをよろしくご贔屓くださいまし。

 さて、10月11日東京都立労働研究所(東京都労働資料センター)で開催されました労働資料協の総会に参加してきました。「労働資料とインターネット」というテーマで講演させていただきましたが、わきあいあいの雰囲気の中、いろいろ意見交換ができましたし、これまで私にとって謎だった労働資料協の「実体」もわかって有益な一日でした。

 労働資料協というのは、正式には「社会・労働関係資料センター連絡協議会」といいます。どうも大原社研がらみのネーミングは長いものが多いのですが(そもそも「法政大学大原社会問題研究所」という名前自体が長いですね)、ここも負けずに長いので、一息で正しく言えた試しがありません。この律儀さは労働研究の伝統なのでしょうか。見習いたいものです。

 いきなり脱線してしまいましたが、略称「労働資料協」は、労働資料や社会運動関係資料をあつかう機関のネットワークなのです。くわしくはホームページがOISR.ORGのサーバにあります。参加機関のリストはこちらをご参照下さい。

 たとえば、ある資料が大原社研に三部あったとします。場所の関係から保存は一部で十分。しかし、あとの二部を捨てるとすれば、それはもったいない話です。それを所有していない他の機関に送れば、貴重な資料は生き残ります。つまり、来るべき(?)八王子大地震で大原社研が崩れ落ちたとしても、その貴重な資料は大阪や松山の加盟機関で後世に伝えられるというわけです。

 そもそも労働問題の関連資料は、市販本よりもパンフレットや裁判資料のような非売品が多く、いざ手に入れようと思ってもなかなかみつからないものが多いとのことです。それだけに「捨てない工夫」をしてきたということですね。

 さて、総会が終わって懇親会に繰り出して盛り上がったのですが、そこででた話のひとつに「労研饅頭」がありました。「ろうけんまんとう」と読むそうです。

 松山ではこの「労研饅頭」が市販されているらしいのですが、その「労研」とは労働料協に加盟しておられる「労働科学研究所」のことです。労働科学研究所は、そもそも大原社研と兄弟ともいうべき研究所で、1921年(大正10年)に設立された文部省所管の民間研究所です。

 『二村一夫著作集』第4巻『労働関係研究所の歴史・現状・課題』におさめられた「労働関係研究所の歴史・現状・課題」によると、労研は大原社研と同じく大原孫三郎によって設立されたとのことです。一時は大原社研の社会衛生部門でした(「★倉敷労働科学研究所」http://oohara.mt.tama.hosei.ac.jp/nk/rodoken.htm#taisengo参照)。アカデミックな大原社研に対して、労研は疲労研究や労働環境の改善のための研究をしたようです。

 労研図書館の方によると、労研饅頭は労研の暉峻義等(てるおか・ぎとう)初代所長が発案してつくらせたもののようです。満州から林という人を呼んで、栄養価を考えてつくった主食代用品だったらしいですね。食べた方のお話によると、饅頭というより蒸しパンのようなもののようです。1930年発行の労研の機関誌に製法が掲載されていると言いますから、相当レトロな食べ物と言えましょう。事情通の先生のお話では、戦時中はかなり日常生活に役立ったらしいとのことでした。

 松山にある「えひめ勤労者生活情報センター」の方によると、現在では、松山市内の 「たけうち」でのみ販売されているとのこと。道後温泉にでもおでかけのさいは、ぜひお立ち寄りを。それまで待ちきれない方は「たけうち」に直接発送してもらう手もあります。

株式会社たけうち
松山市勝山町2-12-10
Tel:089-921-8457 Fax:089-920-8456

 かつて松山では夜学生が学資を稼ぐために製造販売したそうで、当時、夜学校の先生をしていた竹内成一氏が製造販売を始めたそうです。「たけうち」はその先生のご家族が受け継いでやっておられるお店だそうです。現在ではあんこ入りなど数種類あるそうですが、当時のものは栄養を考えて黒大豆が入っていて、塩味でちょっと風味があるとのことです。

 「労研饅頭」略して「労饅」(ろうまん)――なかなかノスタルジックじゃありませんか。秋の夜長のお供に、おひとついかがでしょう。

情報提供(感謝!)
 えひめ勤労者生活情報センター(金井令子様)
 労働科学研究所(平田敦子様)

   since 2000.4.18  

OISR-Watch Columns(Table of Contents)  次のページへ

法政大学大原社会問題研究所(http://oisr.org)