□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

           ★ O I S R - W A T C H ★

◆◆◆法政大学大原社会問題研究所公式サイト"OISR.ORG" Newsletter◆◆◆

No.28 2001年7月23日発行

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

★★OISR-Watchは法政大学大原社会問題研究所の公式サイト "OISR.ORG"   
http://oisr.org
の最新情報をお伝えするニュースレターです。購読は無料です。ご希望の方は   
webmaster@oisr.org
までメールでお申し込みください。

============================ 目 次 =================================
【OISRコラム】

◆「OISR.ORGへリンクしている海外サイト」の追加訂正 (二村 一夫)
◆英語版ポスター展について (鈴木 玲)

【新着一覧(2001年6月18日〜7月23日)】
◆トップページ
◆大原デジタルライブラリー(電子図書館・資料館)
◆大原社会問題研究所雑誌
◆社会労働関係リンク集
◆英語サイト
======================================================================
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
△▽△▽△▽△▽△▽△▽ O I S R コ ラ ム △▽△▽△▽△▽△▽△▽
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
**************************************

「OISR.ORGへリンクしている海外サイト」の追加訂正

二村 一夫

2001年6月18日発行の第27号に「OISR.ORGへリンクしている海外サイト」についてご紹介し
ましたが、その後、いくつか関連サイトを発見しました。次が追加サイト一覧です。

【アメリカ】3サイト、合計16サイト

★カリフォルニア大学サンディエゴ校図書館(UCSD Libraries: Japan Studies
Resources)
http://www.library.ucla.edu/libraries/eastasian/japan.htm
★The World Electronic Text Library Foundation(ハワイのホノルル所在)
http://netlibrary.net/JapanGd.html
★インディアナ大学図書館
East Asian Collection -- Japanese Libraries on WWW
http://www.indiana.edu/~libeast/eall.html

【イギリス】1サイト追加、合計5サイト
★The Electronic Law Journals Project
http://elj.warwick.ac.uk/jilt/00-1/ibusuki.html

【韓国】1サイト追加、合計4サイト
★Historians of Wednesday
OISR日本語サイトをリンク
http://my.netian.com/~wednes/link.html

【スイス】1サイト追加、合計3サイト
★チューリッヒ大学日本学科(Ostasiatisches Seminar der Universitat Zurich
ABTEILUNG JAPANOLOGIE)日本語サイトへリンク
http://www.unizh.ch/ostasien/jap/links.html

【トルコ】1サイト
★REPUBLIC OF TURKEY, PRIME MINISTRY STATE INSTITUTE OF STATISTICS (SIS)
トルコ国立統計研究所)
http://www.die.gov.tr/TURKISH/kutup/wlib.html

以上の結果、前号では「2001年6月17日現在でOISR.ORGにリンクをはっている海外のサイト
は〔中略〕16カ国1国際組織、不明も加え全部で46サイトになった。」と書きましたが、こ
れを「2001年7月19日現在、17ヵ国1国際組織、不明も加え53サイト」と訂正します。
なお、韓国で、★International Association for Human Resource Information
Management (IHRIM)Koreaとしたのは誤りで、正しくは韓国労動研究院(Korea
Institute of Labor)の英語サイトでした。

【追記】なお、その後もつぎつぎと新たなサイトが見つかっているので、http://oohara.mt.tama.hosei.ac.jp/watch/watch_nk12new.html
に最新の改訂版を掲載しています。ご参照いただければ幸いです。
(にむら かずお・名誉研究員)
**************************************

英語版ポスター展について

鈴木 玲

 OISR.ORGには、英語のWEBサイト(http://oisr.org/english/toc06.html)があります。
研究所の英文案内、日本の社会・労働関係の英文サイトへのリンク集、日本の労使関係に関
する英語文献リスト、ポスター展などがあります。しかし、日本語サイトに比べて内容はあ
まり充実していません。それでも、多くの海外の日本研究者や労働史研究者がアクセスし、
資料に関する問い合わせのメールが時々来ます。
 このコラムでは、戦後ポスター展の英文版について書きます。戦前ポスターについては、
野村一夫氏が作成した「20世紀ポスター展」のトップページを英訳した、POSTER
EXHIBIT(http://oisr.org/poster/english.html)を99年11月から公開しています。しか
し、ポスター展の内容は日本語版をそのまま使用しているため、日本語が読めない人または
日本語でブラウズできない人には、画像情報しか提供できませんでした。戦後ポスター1400
点については、資料整理・デジタル化が完了し、現在日本語版でもデータベースおよびポス
ター展の準備を進めています。これと並行して、英語版のポスター展の準備を行い、7月2日
にOISR.
ORG POSTER EXHIBIT: Images of Japanese Labor and Social Movement in the
Post-1945 Period(http://oisr.org/posengl/)を公開しました。このポスター展は、戦
前のポスター展と違い、ポスターのタイトル、団体名などの内容も英訳しています。ただ
し、戦後ポスター1400点全て英訳するのは時間がかかり、それを待っているといつになった
ら公開できるのかわからないので、英訳が完了した部分から逐次公開していくことにしまし
た。現在、ポスター展は、労働運動関連の200点のポスターを公開しています。ポスター
は、7つの全国組織と3つの産業に整理され、産別会議や総評、炭労、電産など、40年代後半
と50年代に活発に活動した労働組合のポスターを見ることができます。
 ポスターのタイトルの英訳は、組合大会などのイベントの宣伝、合理化や労働法規改正反
対などの具体的要求についてはそれほど苦労しませんでした。しかし、タイトルの意味が不
明であったり、抽象的であったりして、訳すことができないもの、またはうまく訳せないも
のがありました。例えば、「米一升三五円九七銭で捲き上げた悪党に投票するな!」
(http://oisr.org/posengl/pos_a0203.html)とか「芋やナンバ粉の配給で苦しめる者に
は投票しない様にしませう!」(http://oisr.org/posengl/pos_a0211.html)と主張する
ポスターがありますが、これらは当時のことを調べないと適当な英訳ができないと思い英訳
しませんでした(例えば、「ナンバ粉」とは何なのでしょうか?)。また、「主婦を台所の
苦労から救う人に投票しましょう!」(http://oisr.org/posengl/pos_a0209.html)と主
張するポスターがあります。このポスターは「主婦を家事から解放させろ」というメッセー
ジを発しているように見えますが、果してそうなのでしょうか。このポスターは、電産(日
本電気産業労働組合)のポスターで40年代末または50年代前半のものと推測されますが、こ
の時代主婦の家事労働は社会問題化していたとは考えられません。おそらく、「台所の苦
労」とは、家事を担う主婦が食費などの家計のやりくりに困っていることを指していると考
えられます。そのため、このタイトルは"Let's elect those who will reduce the
burden of housewives in kitchen!"と訳し、「台所の苦労」はどちらの意味にもとれる
ようにやや曖昧に訳しました。
 ポスター展を宣伝するため、東大社研が主催している英文メーリングリスト、SSJ-FORUM
(http://www.iss.u-tokyo.ac.jp/SSJForum/)に情報を流しました。このメーリングリス
トは、主に日本に関心を持つ社会科学分野の研究者により構成されています。メーリングリ
ストの効果は大きく、ポスター展について私が出したメールが発信されると、アクセス数が
急に増えました。また、大原社研が加盟しているInternational Association of Labour
History Institutions (IALHI)にメールを送り、IALHIのWEBサイトのニュースサービス
コーナーに、宣伝を掲載してもらいました
(http://www.ialhi.org/news/i0107_1.html)。このサイトを通じて、労働運動史に興味
を持つ全世界の研究者へ発信することができました。
 今後の計画としては、残りの1200ポスターを英訳しながら少しづつ公開していくこと(近
いうちに国鉄労働運動のポスターを公開する予定)、ポスターを作った労働組合組織につい
て簡単な英文解説を書くことを予定しています。OISR.ORG英語版は、研究所情報を全世界に
発信することができる重要なメディアなので、今後も所蔵資料の公開や日本の労働運動につ
いての情報発信などで内容を充実していきたいと思います。
 
 (すずき あきら・専任研究員)
 
◇○◆●◆◇○◆●◆◇○◆●◆◇○◆●◆◇○◆●◆◇○◆●◆◇○◆●◆

******************************************************************
***************
【2001年6月18日〜7月23日】
    新 着 一 覧
***************

        △▼△▼△ 新着情報 △▼△▼△
************************************************************************
【トップページ】
http://oisr.org/index.html

・トップページのデザインを変更(01.7.10)

************************************************************************
【 大原デジタルライブラリー(電子図書館・資料館) 】
http://oisr.org/dglb/index.html

★社会労働関係文献データベース★
http://oisr.org/kensaku/ronbun.html
http://133.25.160.82/kensaku/ronbun-ac.html
http://oisr.org/kensaku/washo.html
http://oisr.org/kensaku/yosho.html

○データは、毎月更新しています。(最新: 2001.6.27)

---------------------------------------------------------------------------
★ 研究論文 E-TEXTリンク集 ★
( WWW上に存在する社会・労働関係文献のE-textへのリンク集、およびE-textリンク集へ
のリンク。)

・小西砂千夫氏の論文を掲載(01.7.9) 労働編 1本、社会保障・社会福祉編 2本

・以下の著者の論文へのリンクを追加。(01.7.1)
 労働編:清水耕一氏 4本、下山房雄氏 9本、吉田誠氏 1本 社会学・社会問題編:
久木元真吾氏 3本

・『大原社会問題研究所雑誌』6月号掲載の論文を追加(01.6.23)。  石塚史樹「欧州的労
使関係とドイツ・モデル」(労働編)  高橋正樹「『社会的表象としてのサラリーマン』
の登場」(労働編・社会学編)  猪飼周平「明治期日本における開業医集団の成立(労働
編・社会学編・社会福祉編)
 
************************************************************************
【 大原社会問題研究所雑誌 】
http://oisr.org/oz/index.html

◆お知らせ◆
ARG(Academic Resource Guide)第105号に「『大原社会問題研究所雑誌』ウェッブ公開に
至るまで」が掲載されました。(01.7.16)
http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/105.html#C

---------------------------------------------------------------------------

・最新号 2001年7月号コンテンツを掲載(7/10)

・次号予告 2001年8月号(【特集】向坂逸郎――人と蔵書ほか)を掲載(6/25)


・『大原社会問題研究所雑誌』『大原社会問題研究所資料室報』『研究資料月報』バックナ
ンバーの目次を掲載。(01.6.21)
研究所資料室報(1号〜261号) http://oisr.org/oz/001-261.htm
l研究資料月報(262号〜328号) http://oisr.org/oz/262-328.html
大原社会問題研究所雑誌(329号〜472号) http://oisr.org/oz/329-472.html
大原社会問題研究所雑誌(473号〜最新号) http://oisr.org/oz/index.html#473

***********************************************************************
【 社会労働関係リンク集 】
http://oisr.org/links/toc03.html

-----------------------------------------------------------------------
(追加したサイト)

・以下のサイトを追加。(01.7.19)
駒込学園教職員組合
神奈川高教組(神奈川高等学校教職員組合)
尼崎市教職員組合
尼労連(尼崎地区労働組合総連合)
江東区労連
目黒地区労働組合協議会
宮城全労協
サービス・流通連合
大阪府高等学校教職員組合
自治労埼玉県学校事務労働組合

・武蔵工業大学教職員組合、明治大学教職員組合(01.7.16)

・以下のサイトを追加。(01.7.22,27)
途上国の債務と貧困ネットワーク(旧ジュビリー2000) 廃棄物対策豊島住民会議
日本自然保護協会
自然の権利
高尾山天狗裁判
子どもの視点からの少年法論議を求める請願署名をすすめる会 犯罪被害者の会(あすの
会)
市民グループ「見張り番」Mihariban(旧「市民オンブズマン大阪」) 情報公開市
民センター
ボランティアショップ GOOD WILL

・自治労横浜青葉支部、都区関連一般労組多摩支部(01.7.11追加)

・以下のサイトを追加。(01.7.8)
民放労連北陸信越地連
民放労連NTV映像センター労働組合
関西テレビ放送労働組合
専門誌の広場
共同印刷労働組合(印刷労連)
北海道マツダ労働組合
メルヘン楽器労働組合
太平洋炭鉱労働組合
工学院大学生協労働組合
銀行労連・第三銀行従業員組合
大阪証券労働組合
通信産業労働組合静岡支部
通信産業労働組合西日本本部
通信産業労働組合大阪支部
郵政倉敷労働組合

・以下のサイトを追加。(01.6.25)
国鉄労働組合佐賀地区本部
相鉄労働組合
全水道
連合官公部門連絡会

・以下のサイトを追加。(01.6.20)
一坪反戦地主会
沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック
ジュゴン保護基金委員会
ジュゴンネットワーク沖縄
ヘリ基地反対協
嘉手納新爆音訴訟
「米軍基地と日本をどうする」ローカルNET大分・日出生台 長崎原爆松谷訴訟
フォーラム平和・人権・環境
アジア女性基金
在日の慰安婦裁判を支える会
戦後補償裁判データーベース
女性国際戦犯法廷

・新しく「沖縄・基地問題」セクションを設置。(01.6.20)
************************************************************************
【英語サイト】
http://oisr.org/english/toc06.html

・英語トップページリニューアル(01.7.2)

・OISR.ORG POSTER EXHIBIT(戦後ポスター展英語版)(01.7.2)

・リンク集に相鉄労働組合の英語サイトを追加(01.7.8)。

************************************************************************
 OISR.ORGでは皆様のご意見・ご感想をお待ちしております。
 更新情報ニュースレター "OISR-Watch" (無料)をご希望の方は こちらにお申し込み
ください。
   E-mail: webmaster@oisr.org

 購読を中止するときもこちらにご連絡ください。

 法政大学大原社会問題研究所 (http://oisr.org)
編集担当者:鈴木 玲
   〒194-0298 東京都町田市相原町4342
   TEL 042-783-2307 FAX 042-783-2311

************************************************************************

〔2001年7月22日開始、担当・鈴木玲〕


  OISR-WATCH (Table of Contents)

法政大学大原社会問題研究所 (http://oisr.org)