OISR.ORG へようこそ 法政大学大原社会問題研究所

秘蔵貴重書・書簡コレクション

エチェンヌ・カベー
(Etienne Cabet,1788〜1856 )

Voyage en Icarie
『イカリア旅行記』 1848年刊

エチェンヌ・カベー
フランスの空想的社会主義者。1830年、パリで7月革命に参加した。のち代議士になったが、政府攻撃のため迫害されイギリスに亡命した。そこでオーエン主義者となり、エンゲルスらとも交わった。本書は彼の理想社会をのべたもの。のちに、この理想社会実現のためアメリカで共産主義的コロニーを建設したが、失敗した。
イカリア旅行記表題紙 イカリア旅行記前書き

Prev← 【目次】  →Next

担当 遊座・定森     since 2008.7.23