OISR.ORG へようこそ 法政大学大原社会問題研究所
 

『大原社会問題研究所雑誌』書評欄オンライン版



多田 茂治著
『大正アナキストの夢――渡辺政太郎とその時代


評者:梅田 俊英



 本書は,熊本県荒尾市の故中島康允氏が,1銭5厘の「赤紙」で召集された戦中派の怒りをこめて,定価1銭5厘と銘打って発行された個人誌『遺言』に連載されたものがもとになっている。連載中の1982年に中島氏は亡くなられたが,その後明治社会主義史の研究者柏木隆法氏が発行を続けられ,多田茂治氏の連載は無事完了したという。なお,多田氏は新聞記者等から文筆業に入り,社会小説を執筆されている。本書は次のような構成になっている。一見して明らかなように,渡辺政太郎の生涯とさまざまな人物との関わりがメインテーマとなっている。
 第1章 1孤児とともに 2天間の平民床
 第2章 1ヨカヨカ飴屋 2終生の肩書 3大逆事件の序曲
 第3章 1赤羽巌穴『農民の福音』 2西川光二郎離脱 3縊り残され…
 第4章 1大正の開幕 2田中正造,渡辺家逗留
 第5章 1中国革命義勇軍 2山本飼山の死
 第6章 1辻家の食卓 2大杉栄と伊藤野枝
 第7章 1『微光』−暗夜の蛍 2渡辺教室
 第8章 1小さな旗上げ 2ロシア革命 3労働運動の救世軍
 第9章 1政太郎の最期 2メーデーの朝
     年譜・参考文献
 筆者が渡辺政太郎の伝記を執筆しようとした動機は「華やかな脚光を浴びたスターたちよりも,その陰にあって,名利を追わず,黙々と己れの職分を果たした「地の塩」のような人たちに,より心惹かれる」(序章)ところにある。たしかに幸徳・荒畑・大杉・山川などといった「スター」たちの伝記や研究は山ほどあるが,渡辺政太郎のまとまった伝記はこれまでになかった。とはいえ,この魅力的な人物については,「キリスト」と愛称された久板卯之助とならんで,多くの人々の記憶に残って語られもし,断片的ではあるがたくさんの書物に記されてきた。評者においても,渡辺政太郎の人物像はこれまでに近藤憲二『一無政府主義者の回想』(1965)や小松隆二『日本アナキズム運動史』(1972)などによって形成されている。
 しかし政太郎の生い立ちや妻とのこと,その死後などについては本書によって初めて触れることができた。本書の副題が「渡辺政太郎とその時代」ということで,通史的叙述が多く,政太郎そのもののことをもう少し書き込んでくれたらと思ったが,政太郎のまとまった最初の伝記というだけで本書の価値はあろう。
 本書の「参考文献」を見ると,かなり広く文献が参照されていることがわかるが,小松氏の前掲書や『大正自由人物語』(岩波書店,1988,ただしこれは本書のもとになった連載の時には発行されていない)や『渡辺政太郎・村木源次郎資料』(1971)など,重要な文献がぬけている。本書で最も史料的に価値があるのは,望月百合子・秋山清・小沢景勝・小生夢坊ら戦前からのアナキズム・社会主義運動に関係された人々からの聞き取りである。現在はそれらの多くの人は他界されているのである。
 さきにあげた幸徳・荒畑など,日本における著名な社会主義者はほとんど例外なく作家・著述家といえる。したがって,彼らはたとえ「正業」についていなくとも,執筆によって幾ばくかの収入を得る道を持っていた。それに対して,政太郎は雑誌に執筆しはしたが,著書は残していない。ために,まさに赤貧洗う如しの暮らしであった。彼の職業といえば1銭床屋であり,ヨカヨカ飴屋であり,人力車夫であった。このような事情が政太郎の本格的研究がない理由であろう。本書においても彼の思想の検討は十分されていない。彼が思想家でなく,献身的に運動につくした「一兵卒」であったためにやむを得ないかもしれない。
 筆者の政太郎の人物像に対する評価は,例えば「政太郎は友誼には厚いが,納得できない事には厳しかった」(p.16)というところにある。彼について最もよく語られるのは,こういう点である。つまり,同志や後輩や弱者には献身的に尽くすが,不正義や権力には厳しいという人間像がよく紹介されてきた。彼は,ある意味ではもっとも賞賛されるべき典型的日本人像にマッチしているといえるかもしれない。本書においても,鳥目で歩けなくなった尾行の刑事に手を貸したこと,そして後日お礼のためその刑事の持ってきた菓子折を政太郎がたたき返したというエピソードが紹介されている。
 前述のように,本書では思想史的な検討はなされてはいない。なぜ彼が社会主義・アナキズムの影響を受けたのか,また彼にとってアナキズムとは何か,などは触れてほしかったテーマである。もちろん,本書を読むことによって読者がそれらのテーマについて考えることはできる。まず,彼の生家の貧困が客観的に与えられた最初の契機である。そして,彼が正義感が強かったということ,そのためにキリスト教に入信したことが社会問題に関わる契機を与えたといえよう。彼は若い頃,孤児院や育児院で働いている。もちろん貧困だけが契機ではない。本書に引用されている田中正造の日記にもあるように「高等奢侈は最下等の五百倍の食を貪る,五百人分のパンを一人にて食ふと同じ」(p.83)という貧富の差の存在とそれに対する反感が,彼をして社会運動に近づける直接的理由となったといえよう。
 彼は1918年に没している。つまりアナ・ボルが対立する以前のことである。彼は,彼の家に集まってくる若い人々にベラミーの『百年後の新社会』の購読を終生,熱心に勧めたという。この中にあるユートピア社会が,彼にとっての理想社会であったということであろう。これが彼にとっての「アナキズム」の実現した社会であった。つまり,社会主義のさらに発展した理想社会が「アナキズム社会」だということである。彼の死後,ロシア革命の評価をめぐってアナ・ボルが対立する時期がはじまる。そして,その後の歴史において,スターリンの「アナーキズム」と「社会主義」を峻別する考え方が支配的になっていくのである。
 本書にはこのようなことは議論されていないが,本書によっていくつか考えさせられた。筆者が小説を書かれているだけあって,こなれた文体で一気に読み終えることができた。索引がないものの,くわしい年譜があり,誤植などもほとんどなく,よくできた書物である。



土筆社,1992年3月,210頁,定価1,700円

うめだ・としひで 法政大学大原社会問題研究所兼任研究員

『大原社会問題研究所雑誌』第415号(1993年6月)



先頭へ
書評一覧へ
電子図書館へ
ホームページへ