OISR.ORG へようこそ 法政大学大原社会問題研究所

産別会議旧蔵パンフレット

4 日本共産党

 1945年10月、獄中幹部の釈放を機に活動を再開した共産党は、党活動の最重要な課題として労働組合の結成に取り組んだ。のちに関東労協をへて産別会議に結集する単産の多くは、共産党のオルグ活動により結成されたものであった(法政大学大原社会問題研究所編『証言 産別会議の誕生』1996年)。
 共産党は当初、教宣活動を兼ねて、労働組合部編で『労働組合の作り方』(1945年)、『労働組合法早わかり』(1946年)など多数のパンフレットを発行している。だが、なぜか労働組合関係のパンフレットは『メーデーの話』(3403)、『工場新聞の作り方』(3406、3408)しか残っていない。
 『日本共産党は何を要求するか』(第1集、3401)と『婦人の皆さんへ』(3402)は、出版部が「人民解放叢書」として発行したものである。後者は最終の第8集で、ほかに『天皇制について』(第2集)、『憲法について』(第3集)なども出ているが、これらは含まれていない。なお、共産党は占領期に各部ごとじつに多くのパンフレットを発行している。これらについては、共産党の党史資料室でも系統的に収集されていない。前述したが当研究所では現在、戦後期のパンフレットについて整理中であり、これら欠号分の所蔵については遠からず明らかになろう。
 『日本の産業と農業の将来』(3404)、『農業協同組合早わかり』(3410)、『漁業の復興と漁民の生活』(3417)など、農・漁業関係のものは比較的に多い。なかでも『農業綱領解説』(3414)は、共産党における農業革命と農業政策の内容が示されていて資料的にも貴重である。
 共産党の教宣活動は、対日政策が転換したのち政府やGHQに対する政策批判という形で展開された。『占領下の日本管理はどのように行なわれるか』(3416)は、GHQの統治機構と政策を図解して暗にポツダム宣言の理念を逸脱しているとこれを批判し、『人民生活の安定と民族の独立のために』(3417)は、1949年4月、第5国会における吉田茂首相の施政方針を批判した徳田球一書記長の質問演説などを収めている。『重要産業国営人民管理早わかり』(3412)と『共産党が政権を握ったら』(3434)は、民主人民政権のもとにおける政策構想をまとめたものである。
 『デッチあげられた平事件』(3422)、『黒い手の検事――三鷹容疑者の陳述書』(3423)など、宣伝教育部が企画・編集した「大衆パンフ」は30冊を超すシリーズとなっている。これらは「10円パンフ」と呼ばれ、廉価だったこともあって売れ、かつ裁判闘争の機運を高めるのに寄与したと思われる。とくに松川事件を扱った『真実は必ず勝つ』(3427)は、弁護団長の岡林辰雄がまとめたもので、事件の真相を明快に明らかにしている。このほか松川事件に関しては、松川対策協をはじめ各団体が多数、パンフレットを発行している。これら松川事件パンフについては、当研究所(小沢三千雄執筆)編『松川裁判と松川運動に関する資料目録』(1971年)を参照されたい。
 『日本共産党三十周年に際して』(3430)と、「国民シリーズ」第4集の『日本共産党の歩いた道』(3432)は、1951年10月に採択した新綱領(3429、3430)の視点でまとめられた党史であり、前者は、徳田書記長が亡命中の中国で発行されたものである。(吉田健二)

リスト
画像 番号 誌名 編集・発行者 発行年月日
3401 人民解放叢書第1集 日本共産党は何を要求するか 党行動綱領解説 平澤三郎著 1946.3.25
3402 人民解放叢書第8集 婦人の皆さんへ 大町米子著 1946.5.20
3403 メーデーの話 一九四六.四.二五 大町米子編 日本共産党東京地方委員会宣伝部発行 1946.4.29
3404 日本の産業と農業の将来 徳田球一著 日本共産党出版部発行 1947.3.30
3405 細胞活動早分かり 竹中恒三郎著
3406 工場新聞の作り方 春日庄次郎・春日正一著
3407 党学校教授要綱(案) 宣伝教育部小野義彦 1947.5.
3408 工場新聞の作り方 党活動家必携 春日庄次郎・春日正一著 真理社版 1947.10.20
3409 新物価賃金体系のからくり 日本共産党中央委員会調査部 日本共産党出版部 1947.12.20
3410 農業協同組合早わかり 日本共産党農民部著 日本共産党出版部発行 1947.12.20
3411 税金の話 税金で困っている人々へ 日本共産党関東地方委員会
3412 重要産業国営人民管理早わかり 日本共産党中央委員会調査部 日本共産党出版部発行 1948.3.15
3413 中小商工業者の生きる道 野坂参三著 日本共産党宣伝教育部編 日本共産党出版部 1948.11.15
3414 農業綱領解説(教育資料) 日本共産党中央委員会 1948?
3415 日本の情勢と日本共産党の任務に関するテーゼ 日本共産党京都地方委員会 1944.12.20
3416 占領下の日本管理はどのように行われるか その原則と方式と機構 日本共産党調査部 1949.2.5
3417 漁業の復興と漁民の生活 たたかいの組織とやりかた 日本共産党漁民対策委員会編 1949.6.20
画像 番号 誌名 編集・発行者 発行年月日
3418 人民生活の安定と民族の独立のために 民自党か共産党か? 徳田球一著 日本共産党出版部 1949.7.1
3419 景気はここから 失業の実相と解決のカギ 日本共産党宣伝教育部編 日本労農通信社発行 1949.8.25
3420 たたかいの旅から 伊藤律 日本共産党宣伝教育部監修 1949.9.25
3421 利根川水系の総合改革 社会主義建設の礎石 徳田球一著 日本共産党出版部 1949.9.26
3422 デッチあげられた平事件 日本共産党教育宣伝部編 1949.9.10
3423 黒い手の検事 三鷹容疑者の陳述書 日本共産党宣伝教育部編 1949.9.26
3424 シャウプ勧告で税は軽くなるか 日本共産党宣伝教育部 1949.10.16
3425 起ちあがる郷土 信州長野の地域人民闘争 日本共産党宣伝教育部編 1949.11.10
3426 ローマ法王の秘密 めぐみは誰に? タカクラ・テル著 1950.2.1
3427 真実は必ず勝つ 世界注視のまと松川事件 日本共産党出版局 1951.3.20
3428 軍事的、植民地予算を曝く 日本共産党中央委員会調査部編 日本共産党出版局発行 1950.3.25
3429 日本共産党の新綱領の基礎 徳田球一著 国民通信社発行 1952.3.10
3430 日本共産党三十周年に際して 徳田球一著 民主新聞社発行 1952.8.
3431 国民解放の道 目でみる新綱領 日本共産党宣伝部編 1953.3.2?
3432 国民シリーズ第4集 日本共産党の歩いた道 日本共産党中央宣伝委員会編 日本共産党出版局事業部発行
3433 共産党問答第3集 日本共産党宣伝部編 日本共産党出版局 1953.8.10
3434 共産党が政権を握ったら 日本共産党宣伝教育部編 日本労農通信社発行 1949.1.30

3 全労連←■→5 日本経済復興協会
産別会議旧蔵パンフレット目次


担当 岩井睦子   2002.4.12公開開始