OISR.ORG 法政大学大原社会問題研究所
トップ
総合案内
研究活動
刊行物
大原デジタル
ライブラリー
大原デジタル
アーカイブス
大原デジタル
ミュージアム
大原社会労働
リンク集
英語版
English
 トップ研究活動・刊行物>大原社会問題研究所雑誌

大原社会問題研究所雑誌

 大原社会問題研究所は、研究所の月刊誌『大原社会問題研究所雑誌』の最新号およびバックナンバーをフル・テキストで公開しています。『大原社会問題研究所雑誌』(Journal of Ohara Institute for Social Research)は、社会・労働問題に関する学術研究雑誌です。(2001年4月20日開始)


新規購読のお願い  投稿募集中  バックナンバー目次

ご利用にあたって

1.公開の範囲
 1998年度に発行されたものから最新号までを公開しています。それ以前のものは目次のみの公開です。
 このページでは最新年度の雑誌を見ることができます。最新年度以外の雑誌および1997年度以前の目次は、バックナンバー目次をご覧ください。

2.PDFファイルにて公開
 掲載するファイルは、すべてPDF形式です。PDFファイルの利用には、Adobe Acrobat Reader が必要です。Adobe Acrobat Reader は、パソコン雑誌の付録CDか、あるいは、アドビのサイトから、直接入手することができます。

3.プリントアウト
 PDFファイルは、ジャンル別および個人論文別に分けられています。お手元でプリントアウトされれば、活字版そのままのレイアウトで再現されます。

4.雑誌注文の場合
 なお、雑誌そのものを注文される場合は、当研究所までお申し込みください。1冊の定価は1,000円ですが、1年以上の有料購読者には、つぎのような特典があります。

5.有料購読者への特典
(1) 有料購読者には、雑誌毎号の「社会・労働関係文献月録」に掲載されている文献の複写料を割引いたします。複写のお申し込み方法は、同「月録」をご参照ください。
(2) 有料購読者には、研究所に来所の場合、図書の貸し出しをいたします。
(3) 有料購読者には、研究所刊行物について、「出版物販売用在庫一覧」に掲げた表示価格から、さらに1割引きで販売いたします。

   〒194-0298 東京都町田市相原町4342
         法政大学大原社会問題研究所
   Tel.042-783-2306 Fax.042-783-2311
   E-mail webmaster@oisr.org



645号 2012年7月号(6月25日発行)
詳細目次
【論文】
宮島 喬「フランス移民労働者政策の転換―2006年移民法と「選別的移民」の含意」
佐藤 忍「日本の園芸農業と外国人労働者」



644号 2012年6月号(5月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】2000年代における公共職業能力開発政策の展開と課題
筒井 美紀「なぜジョブ・カード制度に着目するのか―特集にあたって」
堀 有喜衣「公共職業訓練とジョブ・カード政策―制度の特徴と意義および2010年度までの進捗状況」
643号 2012年5月号(4月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】第24回国際労働問題シンポジウム
長谷川 真一「2011年のILO総会について」
山端 浩「第100回ILO総会での社会的保護・社会保障をめぐる議論」
642号 2012年4月号(3月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】コミュニティ・ユニオン研究の新たな動向
福井 祐介「コミュニティ・ユニオンの10年」
児島 真爾「コミュニティ・ユニオンによる「派遣切り」に対する取り組み」
641号 2012年3月号(2月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特別寄稿】福島原発事故から考える日本の社会問題
石田 雄「原発事故で痛感させられた社会科学者の社会的責任―何をどう分析するか」
吉岡 斉「日本における脱原発時代の開幕」
640号 2012年2月号(1月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】障害(者)法(Disability Law)をめぐる諸問題(1)
菊池 馨実「障害(者)法(Disability Law)をめぐる諸問題−特集にあたって」
尾形 健「障害者法(Disability Law)をめぐる憲法的一思考」
639号 2012年1月号(12月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】オバマ政権下の社会労働法制
永野 秀雄「オバマ政権下で社会労働法制はどう変動したのか−特集にあたって」
沼田 雅之「オバマ政権の労働組合政策」
638号 2011年12月号(11月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】戦時動員体制下の記録
榎 一江「特集にあたって」
戸塚 秀夫「覚書:戦時労務動員体制下の「別天地」−在日朝鮮人朴麟植氏の証言を辿って」
637号 2011年11月号(10月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】徒弟制度の変容と熟練労働者の再定義−資格,技能,学理
小野塚 知二「特集にあたって」
市原 博「日本における「熟練工」概念と「熟練工」養成プランの形成−徒弟制度・学校・企業内養成とのかかわり方に焦点を当てて」
635・636号 2011年9・10月合併号(9月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】日本における女性労働の歴史
竹内 敬子「社会政策学会第120回大会テーマ別分科会 「近代日本の女性労働」をめぐって」
谷本 雅之「近代日本の世帯経済と女性労働−「小経営」における「従業」と「家事」」
634号 2011年8月号(7月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】ベーシック・インカム
成瀬 龍夫「ベーシック・インカムの魅惑と当惑」
武川 正吾「ベーシック・インカムの理論と実践−日本の社会政策の場合」
633号 2011年7月号(6月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】女性と労働運動(2)
金井 郁「非正規労働者の処遇改善と企業別組合の取り組み−ジェンダーへのインパクトに着目して」
首藤 若菜「女性組合役員の増加と組合運動の変化」
632号 2011年6月号(5月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】女性と労働運動(1)
萩原 久美子「労働運動のジェンダー主流化と女性の自主活動組織−英米の先行研究に見るジェンダー分析の視点と日本への含意」
横田 伸子「1990年代以降の韓国における労働力の非正規化とジェンダー構造」
631号 2011年5月号(4月25日発行)
詳細目次 +PDF
【シンポジウム】三池争議と向坂逸郎
平井 陽一「三池争議とは」
石河 康国「向坂逸郎にとっての三池」
630号 2011年4月号(3月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】水俣病事件と新日本窒素労働組合
花田 昌宣「新日本窒素における労働組合運動の生成と工職身分制撤廃要求−組合旧蔵資料の公開に寄せて」
大石 裕「戦後日本の社会運動におけるチッソ労働運動の位置づけ−もう一つの「水俣」」
629号 2011年3月号(2月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】第23回国際労働問題シンポジウム
長谷川 真一「2010年のILO総会について」
鶴 光太郎「日本の雇用戦略について−労働市場の二極化改善を通じた質の高い雇用創出に向けて」
628号 2011年2月号(1月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】フィランスロピーに関する研究動向の整理と文献紹介(2)
井上 貴子「インド−資金調達としてのフィランスロピーとNGOの活動」
帆刈 浩之「中国および香港−中国人社会の個性に注目して」
627号 2011年1月号(12月25日発行)
詳細目次 +PDF
【論文】
森岡 孝二「労働時間の二重構造と二極分化」
岩間 伸之「成年後見制度と社会福祉−その接点から新たな可能性を探る」
626号 2010年12月号(11月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】フィランスロピーの研究動向の整理と文献紹介 (1)
岡村 東洋光「序論 フィランスロピー研究の現代的意義と用語の整理」
金澤 周作「イギリス−「フィランスロピーの帝国」の歴史」
625号 2010年11月号(10月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】成年後見制度施行10周年を迎えて−現状と課題 (2)
上田 晴男「権利擁護支援としての成年後見」
佐藤 繭美「成年後見制度をめぐる課題」
623・624号 2010年9・10月合併号(9月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】大原社会問題研究所創立90周年記念フォーラム
高橋 彦博「戦前の社会研究センターと大原社会問題研究所」
二村 一夫「大原社会問題研究所の創立をめぐって」
622号 2010年8月号(7月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】成年後見制度施行10周年を迎えて−現状と課題 (1)
上山 泰「成年後見制度における「本人意思の尊重」−ドイツ世話法との比較から」
熊谷 士郎「法定後見制度における実体的開始要件に関する裁判例の分析」
621号 2010年7月号(6月25日発行)
詳細目次 +PDF
【論文】
吉田 誠「ドッジ・ライン下における日産自動車の人員整理」
外舘 光則「労働組合ヒエラルキーの理論分析」
620号 2010年6月号(5月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】ドイツにおける管理職層の形成
田中 洋子「ドイツにおける企業内教育と「職」の形成」
石塚 史樹「20世紀前半のドイツ化学企業における部長職の雇用管理」
619号 2010年5月号(4月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】徒弟制の変容と労務管理の生成
小野塚 知二「イギリス造船機械産業における管理革新の担い手」
関口 定一「生成期大企業の組織・管理改革と工場徒弟制」
618号 2010年4月号(3月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】第22回国際労働問題シンポジウム
長谷川 真一「2009年のILO総会について」
ダンカン・キャンベル「危機からの回復:グローバル・ジョブズ・パクト−仕事に関する世界協定」
617号 2010年3月号(2月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】日本におけるマルクス主義の導入・普及と大原社会問題研究所
大村 泉「2つの日本語版『マルクス=エンゲルス全集』の企画(1928年)」
久保 誠二郎「翻刻『日本マルクス主義文献』Web版の公開によせて」
616号 2010年2月号(1月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】中国の労働組合・労働問題 (2)
丸川 知雄「中国経済は転換期を迎えたのか?−四川省農村調査からの示唆」
李 捷生「雇用関係の変容」
615号 2010年1月号(12月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】労働衛生の歴史と現状・日仏比較 (4)
毛利一平・佐々木毅「疲労と貧困のはざまで走る−タクシー運転手の労働・健康と生活に関する追跡調査から」
アニィ・テボ=モニ/松田紀子訳「職業癌の可視化に向けて−パリ郊外(セーヌ・サン・ドゥニ県)における長期調査」
614号 2009年12月号(11月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】中国の労働組合・労働問題 (1)
塚本 隆敏「中国における労使関係の変容」
厳 善平「農民工の就業と権利保障−2008年珠江デルタ9市農民工アンケート調査に基づく」
613号 2009年11月号(10月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】労働衛生の歴史と現状・日仏比較 (3)
廣田 功「フランス労働運動と職業病(1905-1939年)」
松田 紀子「戦間期フランスにおけるエンジニアと産業衛生」
611・612号 2009年9・10月合併号(9月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】パターナリズムの国際比較
クリステル・エリクソン&ジョン・ボリビィ/石原俊時訳「スウェーデンにおけるパターナリズムと市民的公共性」
アラン・シャトリオ/廣田明訳「フランス・パターナリズムの史的考察:19〜20世紀」
610号 2009年8月号(7月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】労働衛生の歴史と現状・日仏比較 (2)
サンドラ・シャール「<瘴気(ミアスマ)>と<国民の心身の健康>−戦前日本の繊維工業における産業衛生と女性労働者統制の政策をめぐって」
ポール・ジョバン/関口涼子訳「腰痛から過労死まで 過労なのか、悪労なのか−フランスと日本のトヨタ工場の例を取り上げて」
609号 2009年7月号(6月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】労働衛生の歴史と現状・日仏比較 (1)
齊藤 佳史「フランスにおける工業労働と労働者の身体 (1820-1914) 」
ジャン・クロード・ドゥヴァンク/廣田功訳「フランスにおける珪肺の職業病としての認知」
608号 2009年6月号(5月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】自動車産業の生産方式の直面する課題
佐武 弘章「トヨタ生産方式の変容?」
柊 柴乃「TPS(トヨタ生産方式)の原点回帰−投下資本の回収効率向上の観点から−」
607号 2009年5月号(4月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】第21回国際労働問題シンポジウム
長谷川 真一「2008年のILO総会について」
レイ・グラナル「技能開発の現状と課題について」
606号 2009年4月号(3月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】大原ネットワーク・シンポジウム:大原孫三郎が遺したもの
村田 稔「大原農研から資源生物科学研究所へ」
五十嵐 仁「大原社会問題研究所の歴史と現状」
605号 2009年3月号(2月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】労働者派遣の現状と改革の課題(2)
大橋 範雄「派遣法改正にあたっての提言−厚生労働省『今後の労働者派遣のあり方に関する研究会報告』(2008年7月28日)を中心として」
長井 偉訓「労働者派遣(法)の構造と機能―施行から今日までを振り返って」
604号 2009年2月号(1月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】労働者派遣の現状と改革の課題(1)
梨 昌「労働者派遣法の原点へ帰れ」
伍賀 一道「派遣労働は働き方・働かせ方をどのように変えたか−間接労働の戦後史をふまえて」
603号 2009年1月号(12月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】大原社会問題研究所所蔵 幸徳秋水・堺俊彦訳『共産党宣言』の意義
大村 泉「幸徳秋水/堺利彦訳『共産党宣言』の成立・伝承と中国語訳への影響」
玉岡 敦「『共産党宣言』邦訳史における幸徳秋水/堺利彦訳(1904、1906)の位置」
602号 2008年特別号(12月25日発行)
詳細目次 +PDF
【投稿論文特集】
石塚 史樹「事業再構築におけるドイツ管理職層職員の俸給構造の変動−BASF社の事例」
鈴木 博「経営危機における労使関係の諸相−佐世保重工争議前の労使交渉の考察を通じて 」
601号 2008年12月号(11月25日発行)
詳細目次 +PDF
【論文】
辻 勝次「私の調査実践と生活小史法−トヨタ戦没世代の会社人間化」
馬 欣欣「正規と非正規の就業形態およびその賃金格差の要因に関する日中比較(上)」
599・600号 2008年10・11月合併号(10月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】「非正規労働に関する政策提言」
堀内 光子「全員参加の社会に向けて−ジェンダー平等・公正な処遇の実現のために」
脇田 滋「人権問題になった非正規労働とその撤廃に向けて」
598号 2008年9月号(8月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】協調会『産業福利』復刻記念号
高橋 彦博「協調会史における『産業福利部』の位置」
梅田 俊英「協調会産業福利部と『産業福利』について」
597号 2008年8月号(7月25日発行)
詳細目次 +PDF
【論文】
周 燕飛「公的職業紹介におけるマッチング効率の収斂性分析−就職率と充足率に注目して」
安田 宏樹「非正社員の活用が企業内訓練に与える影響−企業・就業者双方の視点から」
596号 2008年7月号(6月25日発行)
詳細目次 +PDF
【論文】立花 雄一「労働運動の夜明けに−労働者状態論争と横山源之助」
【史料紹介】田村 貞夫「在米片山潜が発行した『平民』について
【論文】佐藤 静香「韓国における大卒ホワイトカラーのキャリア管理と早期退職」
595号 2008年6月号(5月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】「ポスト体制移行期におけるコーポラティズムの可能性」
横田 正顕「戦略的行動としての『社会的協調』」
上村 泰裕「大きな取引と小さな取引」
594号 2008年5月号(4月25日発行)
詳細目次+PDF
【特集】「ワーク・ライフ・バランス」論と家族政策の現状
原 伸子「福祉国家と家族政策の『主流』化−「ワーク・ライフ・バランス」の論理とジェンダー平等」
下夷 美幸「アメリカにおける養育費政策の現状とその作用」
593号 2008年4月号(3月25日発行)
詳細目次+PDF
【特集】第20回国際労働シンポジウム
長谷川 真一「2007年のILO第96回総会について」
M・エンリケス 講演:持続可能な企業の振興をめざして
592号 2008年3月号(2月25日発行)
詳細目次+PDF
【論文】
宮崎 理枝「要介護高齢者と障害者領域の現金給付制度」
西城戸 誠「生活クラブ生協の社会運動の『成果』と共同性のゆくえ」
591号 2008年2月号(1月25日発行)
詳細目次+PDF
【特集】2007年アジア研究学会−シンクタンクからアーカイブへ:日本研究の研究資源および研究対象としての大原社会問題研究所
中山 いづみ「大原社会問題研究所と労働科学の誕生」
クリストファー・ガータイス「大原社研アーカイブと社会史研究」
590号 2008年1月号(12月25日発行)
詳細目次 +PDF
【論文】
杉山 裕 「処遇のあり方をめぐる労働意識−1960年代へ
の八幡製鉄を事例として」
金 正 勲「労働を見る社会の視線」
589号 2007年12月号(12月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】社会科学研究とオーラル・ヒストリー(3)
大門 正克 「オーラル・ヒストリーの実践と同時代史研究への挑戦」
梅崎 修  「労働研究とオーラルヒストリー」
588号 2007年11月合併号(11月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】社会科学研究とオーラル・ヒストリー(2)
山本 潔 「労働調査(聴き取り調査)とライフ・ヒストリー」
倉敷 伸子 「女性史研究とオーラル・ヒストリー」
586・587号 2007年9・10月合併号(9月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】『日本労働運動資料集成』完結記念号
早川 征一郎 「『日本労働運動資料集成』の編纂を終えて」
585号 2007年8月号(8月25日発行)
詳細目次+PDF
【特集】社会科学研究とオーラル・ヒストリー
伊藤 隆 「歴史研究とオーラル・ヒストリー」
江頭 説子 「社会学とオーラル・ヒストリー」
584号 2007年7月号(7月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】オーストラリアの労働運動と労働党
V.バークマン/鈴木 玲訳 「労働運動と新しい社会運動」
長峰 登記夫 「規制緩和という名の規制強化」
583号 2007年6月号(6月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】日本における循環型社会形成の可能性
赤石 秀之 「日本の廃棄物問題と関連法制度について」
【研究回顧】
相澤 興一 「一社会政策研究者の中間回顧(下)」
582号 2007年5月号(5月25日発行)
詳細目次 +PDF
【論文】
丹野 清人 「在留特別許可の法社会学」
【研究回顧】
相澤 興一 「一社会政策研究者の中間回顧(上)」
581号 2007年4月号(4月25日発行)
詳細目次 +PDF
【第19回国際労働問題シンポジウム
              雇用関係と労働者保護】
長谷川真一 「2006年のILO第95回総会について」
【講演】
梅田俊英 「近代日本における社会運動と高知県」
580号 2007年3月号(3月25日発行)
詳細目次+PDF
【特集】 国際的循環型社会形成の可能性
松波淳也 「国際的循環型社会形成の可能性」
南部和香 「台湾におけるリサイクルの現状と課題」
579号 2007年2月号(2月25日発行)
詳細目次 +PDF
【論文】
立花雄一「黎明期労働運動と近代文学」
【研究ノート】
高橋彦博「協調会イメージの再構成」
578号 2007年1月号(1月25日発行)
詳細目次 +PDF
【論文】
小野一「2005年連邦議会選挙とドイツ政党政治の変容」
岡田裕之「日本戦没学生の思想(上)」
577号 2006年12月号(12月25日発行)
詳細目次 +PDF
【論文】
石井聡「EU憲法における『連合の目標』としての社会的市場経済」
福家崇洋「雑誌『第三帝国』の普通選挙請願運動に関する一考察」
576号 2006年11月号(11月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集 韓国における非正規労働者と労使関係】
呉額殊「日韓労使関係の比較−非正規労働者を中心にして」
相田利雄「韓国金属産業における労使関係−企業別組合から産業別組合へ転換」
574-575号 2006年9-10月号(9月25日発行)
詳細目次 +PDF
【国際シンポジウム 日本とロシア−戦争の100年、平和の150年】
タチヤーナ・フィリモノーヴァ「ロシアから見えるアジア極東と日ロ戦争」
ソク・ファヂョン「日ロ戦争と風刺に見る<力の政治>の考察」
573号 2006年8月号(8月25日発行)
詳細目次 +PDF
【講演】林榮一/金元重訳「韓国における産別労組建設運動」
【論文】尹辰浩/佐藤静香訳「韓国の労働時間短縮過程と今後の課題」
丹野清人「総合デカセギ業の誕生―日系旅行社の変容とブラジル日系コミュニティの資本蓄積」
572号 2006年7月号(7月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】韓国の労働運動と労使関係
張芝延/横田伸子訳「韓国の女性労働と労働運動−非正規職化を中心に」
朴昌明「経済危機以降の韓国労使関係」
571号 2006年6月号(6月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】韓国における賃金構造と貧困問題
黄秀慶/横田伸子訳「韓国の賃金構造」
柳貞順/佐藤静香訳「韓国の貧困問題」
570号 2006年5月号(5月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】韓国労働市場と雇用問題
宣在源「韓国における労働市場の変化と経済危機」
権恵子「韓国製造業の企業規模別雇用創出と消失」
569号 2006年4月号(4月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】第18回国際労働問題シンポジウム 若者:雇用の促進とディーセント・ワークへの道
堀内光子「2005年6月のILO第93回総会について」
田中歩「ILOにおける討議をめぐって」
田中歩「ILOにおける討議をめぐって」
上西充子「ILO総会『レポート』と日本」
568号 2006年3月号(3月25日発行)
詳細目次 +PDF
西成田豊「産業革命期日本における重工業大経営労働者の『都市下層民』的性格について(上)」
佐々木啓「徴用制度下の労資関係問題」
金井郁「企業別組合におけるパート組合員と意思決定過程への関与―正規組合員との比較から」
567号 2006年2月号(2月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】特集:感情労働論(2)−スキルとしての感情管理
西川真規子「感情労働とその評価」
三井さよ「看護職における感情労働」
566号 2006年1月号(1月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】特集:感情労働論(1)−スキルとしての感情管理
崎山治男「欲望喚起装置としての感情労働−感情労働の《再発見》に向けて」
鈴木和雄「感情管理とサービス労働の統制」
565号 2005年12月号(12月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】社会運動的労働運動論の歴史と現状(2)
手島繁一「社会運動的労働運動と生協労働運動の交叉
篠田徹「”企業別組合を中心とた民衆組合”とは(下)
権宦mえん](鈴木玲訳)「韓国の社会運動的労働運動の過去と現在(下)」
564号 2005年11月号(11月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】社会運動的労働運動論の歴史と現状(1)
篠田徹「”企業別組合を中心とた民衆組合”とは(上)
権宦mえん](鈴木玲訳)「韓国の社会運動的労働運動の過去と現在(上)」
562/563合併号 2005年9・10月号(10月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】社会運動的労働運動論の概念と現状
鈴木玲「社会運動的労働運動論とは何か」
福井祐介「日本における社会運動的労働運動としてコミュニティユニオン」
高須裕彦「アメリカの社会運動ユニオニズム」
561号 2005年8月号(8月25日発行)
詳細目次 +PDF
■講演 白石利政「労働調査からみた若者の仕事と暮らし」
【特集】英国の会福祉改革の動向と到達点(2)
中島恵里「EU・英国に「おける社会的包摂とソーシャルコミュニティ」
榊原 毅「英国の所得保障改革(下)」
560号 2005年7月号(7月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】英国の社会福祉改革の動向と到達点(1)
大山 博「イギリスの社会サービス改革の概観」
榊原 毅「英国の所得保障改革(上)」
伊藤善典「英国の医療福祉サービスの動向と官民関係(上)」
559号 2005年6月号(6月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】戦前期大原社会問題研究所の国際交流
久保誠二郎「大原社会問題研究所『日本マルクス主義文献』(未刊行)の意義−戦前期大原社研の国際交流と内藤赳夫の文献目録への取り組み」
大村 泉「高野岩三郎とD.リャザーノフとの往復書簡(1928〜1930年)」
558号 2005年5月号(5月25日発行)
詳細目次 +PDF
【講演】マノロ・アベラ「21世紀の東アジア労働力移動に関する多国間対応枠組み」
【特別寄稿】立花雄一「中央大学と横山源之助(上)」
【研究回顧】栗田健「『日常的な労働組合』の研究(下)」
557号 2005年4月号(4月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】国際労働問題シンポジウム グローバル経済化と国際労働移動−移民労働者のディーセント・ワーク
堀内光子「2004年6月のILO第92回総会について」
森實久美子「ILOにおける討議をめぐって」
須賀恭孝「労働者の立場から」
556号 2005年3月号(3月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】日本の自動車生産
佐武弘章「『ひとのかんばん』とトヨタ生産方式の対応策」
伊達浩憲「自動車生産における臨時工−1950〜1960年代の事例」
山崎克雄「自動車部品産業の国際展開」
555号 2005年2月号(2月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】21世紀社会システムとNPOの可能性(2)
山岡義典「民間非営利セクターの全体像をどうとらえるか −その骨子を三層の組織類型で把握する試み」
小林謙一「A市高齢者事業団の損害賠償裁判と安全管理 −問題点と今後の課題」
554号 2005年1月号(1月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】21世紀社会システムとNPOの可能性(1)
粕谷信次「社会的経済の促進・世界の動向 −世界初の社会的経済の世界会議・モンブラン会議に出席して」
安立清史「福祉NPO概念の検討と日本への応用 −介護系NPOの全国調査から」
553号 2004年12月号(12月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】韓国自動車産業の構造改革(2)
周部鉉(金元重訳)「’混合型’非フォード主義作業組織形成と進化」
尹辰浩(金元重訳)「韓国自動車産業の構造調整(上)」
552号 2004年11月号(11月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集】韓国自動車産業の構造改革(1)
尹辰浩(金元重訳)「韓国自動車産業の構造調整(上)」
金基元(金元重訳)「韓国自動車産業の構造調整をめぐる争点」
550/551号 2004年9・10月合併号(10月25日発行)
詳細目次 +PDF
【論文】
植野真澄「占領下日本の再軍備反対論と傷痍軍人問題−左派政党機関紙に見る白衣の傷痍軍人」
戸室健作「電機産業における構内請負労働の実態」
鹿生治行「雇用主としての派遣会社の役割−苦情処理の分析を手がかりに」
549号 2004年8月号(7月25日発行)
詳細目次 +PDF
【講演】
井上枝一郎「最近の労働災害の特徴について」
548号 2004年7月号(7月25日発行)
詳細目次 +PDF
【講演】
ケント・ウォン(鈴木玲訳)「大学と労働組合、NPOとのコラボレーションはどのように可能か?−アメリカにおける現状と課題から探る」
547号 2004年6月号(6月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集 男女共同参画社会の理念と現実(2)】
清山 玲「ジェンダー平等政策の展開と雇用における「結果の平等」−ジェンダー平等政策は「結果の平等」を実現しているか」
下夷美幸「育児における男女共同参画−私的領域のジェンダー変革に向けた家族政策の検討」
546号 2004年5月号(5月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集 男女共同参画社会の理念と現実(1)】
浅倉むつ子「男女共同参画施策の法的課題」
石田 好江「今日の性別職務分析の特徴と改正均等法の理念」
545号 2004年4月号(4月25日発行)
詳細目次 +PDF
【国際労働問題シンポジウム】雇用関係の範囲(労働者性)―― 働く人の保護はどこまで及ぶか?
堀内 光子「2003年6月の第91回ILO総会について」
栗真 保紀「ILOにおける討議をめぐって」
滝沢 弘「労働者の立場から」
輪島 忍「使用者の立場から」
鎌田 耕一「雇用関係の範囲(労働者性)」
544号 2004年3月号(3月25日発行)
詳細目次 +PDF
【論文】
伊澤 誠 「TUCと1944年国民保健サービス」
高木俊之 「釜石製鉄所における三鬼隆と生活構造−戦前期における企業人の社会的形成とアソシエーション」
山内昭人 「片山潜、在米日本人社会主義団と初期コミンテルン」
543号 2004年2月号(2月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集中小企業の経営と労働(3)】
相田利雄「中小企業の若年者就業状態と労働組合等の取り組み」
小谷紘司 「市民参加型の産業振興の試み」
542号 2004年1月号(1月25日発行)
詳細目次 +PDF
【講演】
二木麻里「インターネットにおける学術情報公開の現状と課題」
541号 2003年12月号(12月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集 中小企業の経営と労働(2)】
大林弘道「日本経済の再生と中小企業運動・序説」
寺岡 寛「日本における中小企業の研究動向−−主体、意識、背景、課題」
540号 2003年11月号(11月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集 中小企業の経営と労働(1)】
渡辺幸男「『グローバル経済』下での国内製造業中小企業の存立展望と中小企業政策への含意」
吉田敬一「経済構造転換と地域経済振興」
538/539号 2003年9・10合併月号(10月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集 協調会の研究】
高橋彦博「協調会研究の現状」
梅田俊英「戦時下の協調会と村山重忠」
横関 至「町田辰次郎と協調会」
537号 2003年8月号(8月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集 パート労働の国際比較(4)】
鈴木宏昌「フランスのパートタイム労働−−個人の労働時間短縮と半失業の狭間で」
柴山恵美子「男女均等待遇原則の主流化に向かってEU労働法制の展開−−パートタイム労働理事会指令と欧州裁判所判例(下)」
536号 2003年7月号(7月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集 パート労働の国際比較(3)】
佐藤とよ子「「意識」としての労働政策」
三山雅子「日本における労働力の重層化とジェンダー」
535号 2003年6月号(6月25日発行)
詳細目次 +PDF
【特集 パート労働の国際比較(2)】
正木祐司・前田信彦「オランダにおける働き方の多様化とパートタイム労働」
宮前忠夫「ドイツ新パートタイム労働法制の2年間」
柴山恵美子「男女均等待遇原則の主流化に向かってEU労働法制の展開----パートタイム労働理事会指令と欧州裁判所判例(中)」
横田伸子「韓国における労働市場の柔軟化と非正規労働者の規模の拡大」


since 2001.4.20

過去の雑誌PDF
新規購読のお願い  投稿募集中  バックナンバー目次  出版物在庫一覧

トップ
総合案内
研究活動
刊行物
大原デジタル
ライブラリー
大原デジタル
アーカイブス
大原デジタル
ミュージアム
大原社会労働
リンク集
英語版
English