OISR.ORG へようこそ 法政大学大原社会問題研究所
 

所蔵図書・資料の紹介

II  図 書


4 特色ある図書

(5) 経済学関係洋書

 戦後の大原社研の活動の中心は労働問題に移行したため,経済学についての収集は戦前のものが中心である。しかし,マルクス以前の経済学の古典を中心に良い物が残されている。1981年に特別の予算をとって17世紀から19世紀を中心とする経済学の古典を購入したが,この中にはかなりの重商主義,重農主義の文献が含まれていた。

 重商主義の著作では,自由貿易論者ダヴェナント(Davenant,Charles,1656〜1714年)の『戦費調達論』(1695年)の初版(借金による戦費の調達に強く反対し,最良で最も公明正大な税であるとして,消費税を擁護している),チャイルド(Child,Josiah)の『貿易新論』4版,客観価値説の先駆者バーボン(Barbon,Nicholas,1649?〜1698年)の『貨幣軽鋳論』初版(1696年)などがある。

 重農主義の著作では,ケネー(Quesnay,François)の全集,その弟子ミラボー(Mirabeau,Honore Gabriel Victor Riqueti, Comte de)の主著『人民の友』(ちなみにミラボーの書簡も所蔵している),ケネーの友人で弟子でもありチュルゴー時代の大蔵大臣の補佐を務めたデュポン・ド・ヌムール(Du Pont de Nemours, Pierre Samuel,1739〜1817年)の財政問題について書かれた公式の報告書を所蔵している。

 古典学派についてはそれほど多くはないが,目ぼしいものがある。スミス(Smith,Adam)の『国富論』の初版および2版,『道徳情操論』,マンドヴィル(Mandeville,Bernard de)『蜂の寓話』3版,マルサス(Malthus,Thomas Robert)『人口論』の初版,『穀物条令論および地代論』3版,リカード(Ricardo,David)『ボーザンケト氏への回答』や『経済学原理』3版,父ミル(Mill,James)の『英領インド史』,子ミル(Mill,John Stuart)の『自由論』『経済学原理』等である。

 研究所の戦時中の業績である『統計学古典選集』の原本も貴重本が多い。稀覯本中の稀覯本で,おそらく世界中で3部以上はあるまいと言われるズュースミルヒ(Süsmilch,Johann Peter)『神の秩序』(1741年)初版本(ほかに2版も所蔵しており,向坂文庫には3版がある),グラント(Graunt,John)『死亡表に関する自然的及び政治的諸観察』(1665年),ペテイ(Petty,William)『政治算術』(1687年)などである。

 国民学派及び近代経済学については比較的手薄である。新着では,英国における19〜20世紀の社会福祉,医療,社会政策の歴史から主要人物(古典学派)の著作を復刻したEdited and introduced by David Gladstone, “Edwin Chadwick: nineteenth-century social reform(5 vols.)” 1997 がある。

(是枝洋・小島英恵・上田洋子)

『大原社会問題研究所雑誌』No.494・495(2000年1・2月)、創立80周年記念号より


Previous← 所蔵図書・資料の紹介【目次】 →Next

大原デジタルライブラリー

法政大学大原社会問題研究所(http://oisr.org)