OISR.ORG へようこそ 法政大学大原社会問題研究所
 

所蔵図書・資料の紹介

IV  定期刊行物


3 その他の定期刊行物

 (3) 年鑑・年報・統計(洋書)

 大原社研の和書と洋書の比率からいうと,洋書の年報類が占める割合は意外と多く,全体で80タイトルほどである。この中から社会・労働関係の一部を取り出してみる。

 社会問題一般の年報としては“L'année sociale,1960〜1998”“Socialist Register,1967〜1999”“Marxistische Studien ;Jahrbuch des IMSF,1978〜1989” などがあり,これらは比較的揃っている。政党関係ではイギリス労働党の“Labour Year Book,(1919〜1931)(1972〜1974)” や大会報告“Report”があり,とりわけ後者(“Labour Party Conference Report, 1906〜1997”)は多少欠号はあるものの1906年から現在まで所蔵している。その他ドイツ社会民主党の“Jahrbuch der Sozialdemokratischen Partei Deutschlands, 1926〜1984”,ソヴィエト共産党活動家便覧“Spravochnik partiinogo rabotnika” などがある。社会政策では1983年より購入し始めた“Jahrbuch für Soziologie und Sozialpolitik, 1983〜1989” といったものが見られる。

 このほか“Archiv fur Sozialgeschichte, 1961〜1999”,“Europa Year Book, 1962〜1996”,“Economic Survey of Europe, 1957〜1999”(U. N.)などがある。

 労働関係では “Industria1 Relations Research Association Series, 1970〜1997”(欠号あり),“Proceeding of the Annual Meeting, 1985〜1995(IRRA)”,アメリカ合衆国の労働力年報“Employment and Training Report of the President” 1976〜1995や,労使関係年報“Labor Relations Yearbook” 1970〜1984,“ American Labor Year Book, 1918〜継続中”,“Bulletin of Comparative Labour Relations” 1972〜1999(74, 79欠号)などがある。

 また“Employment Outlook, 1992〜1999”(O.E.C.D.),“World Labour Report, 1984〜1998”(I.L.O.),“Annual Report of the National Labor Relation Board, 1976〜1997”(U.S.)なども受け入れている。

又,国際労働機関(ILO)関連の逐次刊行物(国際労働条約や労働基準に関する“各Report”)も創設以来(1920年より)継続整理されている。さらに労働運動の年鑑としてはドイツの Gewerkschaftsjahrbuch”1984〜1995がある。イギリスのTUC報告書は労働運動史の項目に記載しているので省略する。珍しいものとしてはインド労働省からの受贈本“Indian Labour Year Book”があり,1964年から1995年版が完全所蔵となっている。そのほか労働統計では国際労働機関の“Year Book of Labour Statistics”1949〜1998や,OECDの“Labour Force Statistics” 1961〜1994,アメリカ労働省編“Handbook of U.S.Labor Statistics”1972〜1998などがあるが,多少欠号もある。“Annuario di Statiche del lavoro 1973〜1984(Instituto Centrale Statistica)”

(北村芙美子・上田洋子)

『大原社会問題研究所雑誌』No.494・495(2000年1・2月)、創立80周年記念号より


Previous←  所蔵図書・資料の紹介【目次】  →Next

大原デジタルライブラリー

法政大学大原社会問題研究所(http://oisr.org)