OISR.ORG 法政大学大原社会問題研究所
トップ
総合案内
研究活動
刊行物
大原デジタル
ライブラリー
大原デジタル
アーカイブス
大原デジタル
ミュージアム
大原社会労働
リンク集
英語版
English
 トップ>大原デジタルライブラリー>大原クロニカ>『社会・労働運動大年表』解説編

大原クロニカ
『社会・労働運動大年表』解説編

JMIU(全日本金属情報機器労働組合)[労]1989.2.27

 労働戦線の右翼的再編反対を掲げた金属連絡会を母体に,民間連合結成後,初の反連合の産別組織として結成された.金属・機械・情報機器関連産業を中心に大金属産業別単一組織をめざし,個人加盟の原則をとっている.当初,全労協と全労連に2重加盟していたが,94年9月末,ナショナルセンターへの対応の相違から全労協を脱退した.中小企業分野と一部の大企業内少数派組合を擁し,全労連では,民間部門の中心単産の1つ.組織勢力は結成時293単組,1万2000人.機関紙〈金属労働新聞〉.〔参〕週刊労働ニュース1989.3.6.


大原クロニカは、法政大学大原社会問題研究所編『新版社会・労働運動大年表』(労働旬報社、1995年)に基づいたウェブ歴史事典です。日本の社会運動・労働運動を中心に解説しています。

●『新版社会・労働運動大年表』凡例

●『社会・労働運動大年表』データベース


大原クロニカ

トップ
総合案内
研究活動
刊行物
大原デジタル
ライブラリー
大原デジタル
アーカイブス
大原デジタル
ミュージアム
大原社会労働
リンク集
英語版
English