OISR.ORG 法政大学大原社会問題研究所
トップ
総合案内
研究活動
刊行物
大原デジタル
ライブラリー
大原デジタル
アーカイブス
大原デジタル
ミュージアム
大原社会労働
リンク集
英語版
English
 トップ>大原デジタルライブラリー>大原クロニカ>『社会・労働運動大年表』解説編

大原クロニカ
『社会・労働運動大年表』解説編

全逓大量処分[労]1958.4.28

 ’58年春闘第3次統一行動日の3月20日に全逓の実施した全国5大中央郵便局を含む57局における時間内職場大会などに対して,郵政省は4月28日,本部三役をはじめとする解雇7人,停職297人を含む2万2478人という空前の規模の処分を発表した.さらに総選挙さなかの5月10日,郵便法79条違反などを理由に全逓本部をはじめ全国38ヵ所の家宅捜査が行われ,5月13日には本部中執および東京中郵関係41人,名古屋中郵関係13人,大阪中郵関係12人,計66人の組合員が逮捕された.8月4日に12人が東京と名古屋で起訴されたが,これが全逓東京中郵・全逓名古屋中郵事件である.〔参〕全逓編《全逓闘争小史》1971.⇒1958[労]7.8,1966[政]10.26.


大原クロニカは、法政大学大原社会問題研究所編『新版社会・労働運動大年表』(労働旬報社、1995年)に基づいたウェブ歴史事典です。日本の社会運動・労働運動を中心に解説しています。

●『新版社会・労働運動大年表』凡例

●『社会・労働運動大年表』データベース


大原クロニカ

トップ
総合案内
研究活動
刊行物
大原デジタル
ライブラリー
大原デジタル
アーカイブス
大原デジタル
ミュージアム
大原社会労働
リンク集
英語版
English