OISR.ORG 法政大学大原社会問題研究所
トップ
総合案内
研究活動
刊行物
大原デジタル
ライブラリー
大原デジタル
アーカイブス
大原デジタル
ミュージアム
大原社会労働
リンク集
英語版
English
 トップ>大原デジタルライブラリー>大原クロニカ>『社会・労働運動大年表』解説編

大原クロニカ
『社会・労働運動大年表』解説編

産業復興会議[経]1946.10.7

 総同盟などの労資協調に立つ経済復興運動に対抗し,産別会議系の復興運動機関として結成された.1946年7月29日発足の生産復興石炭会議を母体に全炭・国鉄・電産など21労働組合,さらに民主技術協会・民科・関東食糧民主協議会など計30団体が加盟した.活動目標に労働者農民主体の産業再建・石炭財閥の解体などを掲げ,石炭危機突破会議や電力危機突破協議を設けて産業復興のあり方を大衆的に討議,〈石炭産業復興に関する意見書〉〈石炭国有に関する意見書〉などを発表して注目された.のち’47年2月6日結成の経済復興会議に加盟しその一翼を担った.〔参〕日本労農通信社《労農年報・第1集》1947.研究資料月報(法政大学大原社研)1982年2月号.⇒1947[経]2.6.


大原クロニカは、法政大学大原社会問題研究所編『新版社会・労働運動大年表』(労働旬報社、1995年)に基づいたウェブ歴史事典です。日本の社会運動・労働運動を中心に解説しています。

●『新版社会・労働運動大年表』凡例

●『社会・労働運動大年表』データベース


大原クロニカ

トップ
総合案内
研究活動
刊行物
大原デジタル
ライブラリー
大原デジタル
アーカイブス
大原デジタル
ミュージアム
大原社会労働
リンク集
英語版
English