OISR.ORG 法政大学大原社会問題研究所
トップ
総合案内
研究活動
刊行物
大原デジタル
ライブラリー
大原デジタル
アーカイブス
大原デジタル
ミュージアム
大原社会労働
リンク集
英語版
English
 トップ>大原デジタルライブラリー>大原クロニカ>『社会・労働運動大年表』解説編

大原クロニカ
『社会・労働運動大年表』解説編

日本進歩党[政]1945.11.16

 大日本政治会所属の旧政党人が中心となり結党.初代総裁は旧民政党総裁の町田忠治で,発足時は衆議院に273人を擁した.結党宣言には〈共産主義の排撃〉〈責任観念と表裏一体の自由〉など保守右派の立場を明確にした.公職追放で打撃を受けたため,若手を中心に中道主義に路線変更し,民主党を名乗った.以後保守各派との離合を繰り返し,国民民主,改進,日本民主と党名を変えた.〔参〕宮本吉夫著《新保守党史》1962.⇒1947[政]8.15.


大原クロニカは、法政大学大原社会問題研究所編『新版社会・労働運動大年表』(労働旬報社、1995年)に基づいたウェブ歴史事典です。日本の社会運動・労働運動を中心に解説しています。

●『新版社会・労働運動大年表』凡例

●『社会・労働運動大年表』データベース


大原クロニカ

トップ
総合案内
研究活動
刊行物
大原デジタル
ライブラリー
大原デジタル
アーカイブス
大原デジタル
ミュージアム
大原社会労働
リンク集
英語版
English