OISR.ORG 法政大学大原社会問題研究所
トップ
総合案内
研究活動
刊行物
大原デジタル
ライブラリー
大原デジタル
アーカイブス
大原デジタル
ミュージアム
大原社会労働
リンク集
英語版
English
 トップ>大原デジタルライブラリー>大原クロニカ>『社会・労働運動大年表』解説編

大原クロニカ
『社会・労働運動大年表』解説編

《日本資本主義発達史講座》[文]1932.5.20

 日本資本主義発達史の最初の体系的研究.野呂栄太郎・大塚金之助・平野義太郎・山田盛太郎が編集者となり刊行された.マルクス主義の立場から日本資本主義発達の特質・矛盾を解明し,その危機の根本的解決の鍵を見出そうとした.歴史分析と現状分析の統一,政治・経済・文化の総合的把握をめざしたが,客観的には〈32年テーゼ〉を理論的に基礎づける役割を果たした.〔参〕《日本資本主義発達史講座(復刻版)》大石嘉一郎解説,1982.


大原クロニカは、法政大学大原社会問題研究所編『新版社会・労働運動大年表』(労働旬報社、1995年)に基づいたウェブ歴史事典です。日本の社会運動・労働運動を中心に解説しています。

●『新版社会・労働運動大年表』凡例

●『社会・労働運動大年表』データベース


大原クロニカ

トップ
総合案内
研究活動
刊行物
大原デジタル
ライブラリー
大原デジタル
アーカイブス
大原デジタル
ミュージアム
大原社会労働
リンク集
英語版
English