OISR.ORG 法政大学大原社会問題研究所
トップ
総合案内
研究活動
刊行物
大原デジタル
ライブラリー
大原デジタル
アーカイブス
大原デジタル
ミュージアム
大原社会労働
リンク集
英語版
English
 トップ>大原デジタルライブラリー>大原クロニカ>『社会・労働運動大年表』解説編

大原クロニカ
『社会・労働運動大年表』解説編

黎明会[社]1918.12.23

 11月23日の吉野作造と右翼団体浪人会の立会演説会をきっかけとして,吉野・福田徳三・新渡戸稲造・大山郁夫ら知識人とジャーナリスト大庭柯公など31人で結成した(解散時42人).当代きっての学者・思想家がデモクラシーを唱え大衆への啓蒙活動を開始した点で画期的であった.毎月1回講演会を開き,それを《黎明講演集》として10冊刊行した.会員内部の思想的不一致で’20年解散した.〔参〕松尾尊~《大正デモクラシー》1974.住谷悦治ほか《講座日本社会思想史・2》1967.


大原クロニカは、法政大学大原社会問題研究所編『新版社会・労働運動大年表』(労働旬報社、1995年)に基づいたウェブ歴史事典です。日本の社会運動・労働運動を中心に解説しています。

●『新版社会・労働運動大年表』凡例

●『社会・労働運動大年表』データベース


大原クロニカ

トップ
総合案内
研究活動
刊行物
大原デジタル
ライブラリー
大原デジタル
アーカイブス
大原デジタル
ミュージアム
大原社会労働
リンク集
英語版
English