OISR.ORG 法政大学大原社会問題研究所
トップ
総合案内
研究活動
刊行物
大原デジタル
ライブラリー
大原デジタル
アーカイブス
大原デジタル
ミュージアム
大原社会労働
リンク集
英語版
English
 トップ>大原デジタルライブラリー>大原クロニカ>『社会・労働運動大年表』解説編

大原クロニカ
『社会・労働運動大年表』解説編

帝国公道会[社]1914.6.7

 1914年6月7日,大江卓が政・官・財界の名士を網羅して結成した融和団体.明治天皇への報恩と被差別部落大衆への社会主義思想の流入の防止とを課題とし,社会全体に部落大衆への同情を求めた.機関誌《公道》(のち《社会改善公道》)を発行したが,活動は停滞し,米騒動後,その治安対策的立場に批判が高まった.’21年9月,大江が死去すると会は有名無実化し,’27年7月30日,中央融和事業協会に合併吸収された.〔参〕《公道(復刻版)》藤野豊解説,1982〜84.


大原クロニカは、法政大学大原社会問題研究所編『新版社会・労働運動大年表』(労働旬報社、1995年)に基づいたウェブ歴史事典です。日本の社会運動・労働運動を中心に解説しています。

●『新版社会・労働運動大年表』凡例

●『社会・労働運動大年表』データベース


大原クロニカ

トップ
総合案内
研究活動
刊行物
大原デジタル
ライブラリー
大原デジタル
アーカイブス
大原デジタル
ミュージアム
大原社会労働
リンク集
英語版
English