OISR.ORG 法政大学大原社会問題研究所
トップ
総合案内
研究活動
刊行物
大原デジタル
ライブラリー
大原デジタル
アーカイブス
大原デジタル
ミュージアム
大原社会労働
リンク集
英語版
English
 トップ>大原デジタルライブラリー>大原クロニカ>『社会・労働運動大年表』解説編

大原クロニカ
『社会・労働運動大年表』解説編

国際的メーデー[国]1890.5.11

 1888年,AFLは8時間労働制要求のために’90年5月1日のゼネストを決定した.翌’89年の第2インターナショナル創設大会は,AFL会長ゴンパーズからの要請に応じ,毎年5月1日を8時間労働制獲得と労働者の国際的連帯の日として設定すべきだとする仏代表ラヴィーニュの提案を可決した.この決議を受けて,欧米各地で最初の国際的メーデーが実施された.〔参〕J.ジョル《第2インター1889−1914》1966.⇒1920[労]5.2.


大原クロニカは、法政大学大原社会問題研究所編『新版社会・労働運動大年表』(労働旬報社、1995年)に基づいたウェブ歴史事典です。日本の社会運動・労働運動を中心に解説しています。

●『新版社会・労働運動大年表』凡例

●『社会・労働運動大年表』データベース


大原クロニカ

トップ
総合案内
研究活動
刊行物
大原デジタル
ライブラリー
大原デジタル
アーカイブス
大原デジタル
ミュージアム
大原社会労働
リンク集
英語版
English