OISR.ORG 法政大学大原社会問題研究所
トップ
総合案内
研究活動
刊行物
大原デジタル
ライブラリー
大原デジタル
アーカイブス
大原デジタル
ミュージアム
大原社会労働
リンク集
英語版
English
 トップ>大原デジタルライブラリー>大原クロニカ>『社会・労働運動大年表』解説編

大原クロニカ
『社会・労働運動大年表』解説編

第2インターナショナル[国]1889.7.14

 社会主義政党の国際組織で,1912年までに9回の大会を開いた.ドイツ社会民主党を初めヨーロッパ約20ヵ国のほか,日本を含む数ヵ国の組織が加盟.運動が国ごとに編成されていく時期の反映として,ゆるい連合体であった.何よりも反戦勢力として注目すべきであるが,第1次大戦の試練には耐えられず,’20年の第10回大会が最後となった.〔参〕《岩波講座世界歴史・22,23》1969.⇒1891[国]8.16.


大原クロニカは、法政大学大原社会問題研究所編『新版社会・労働運動大年表』(労働旬報社、1995年)に基づいたウェブ歴史事典です。日本の社会運動・労働運動を中心に解説しています。

●『新版社会・労働運動大年表』凡例

●『社会・労働運動大年表』データベース


大原クロニカ

トップ
総合案内
研究活動
刊行物
大原デジタル
ライブラリー
大原デジタル
アーカイブス
大原デジタル
ミュージアム
大原社会労働
リンク集
英語版
English