OISR.ORG 法政大学大原社会問題研究所
トップ
総合案内
研究活動
刊行物
大原デジタル
ライブラリー
大原デジタル
アーカイブス
大原デジタル
ミュージアム
大原社会労働
リンク集
英語版
English
 トップ>大原デジタルライブラリー>大原クロニカ>『社会・労働運動大年表』解説編

大原クロニカ
『社会・労働運動大年表』解説編

メーデーの起源[国]1886.5.1

 南北戦争後本格化した米国の8時間労働制獲得運動は1886年に頂点をむかえた.’84年AFLの前身合衆国カナダ労働組合連盟は,’86年5月1日を期して8時間労働制を実現すべきことを決議した.労働騎士団指導部の反対にもかかわらず運動は高揚し,同日35万人がストを敢行し,各地でデモが行われ,18万人が8時間労働制を獲得した.〔参〕J.ブレッヒャー《ストライキ!》1980.⇒1890[国]5.1.


大原クロニカは、法政大学大原社会問題研究所編『新版社会・労働運動大年表』(労働旬報社、1995年)に基づいたウェブ歴史事典です。日本の社会運動・労働運動を中心に解説しています。

●『新版社会・労働運動大年表』凡例

●『社会・労働運動大年表』データベース


大原クロニカ

トップ
総合案内
研究活動
刊行物
大原デジタル
ライブラリー
大原デジタル
アーカイブス
大原デジタル
ミュージアム
大原社会労働
リンク集
英語版
English