OISR.ORG 法政大学大原社会問題研究所
トップ
総合案内
研究活動
刊行物
大原デジタル
ライブラリー
大原デジタル
アーカイブス
大原デジタル
ミュージアム
大原社会労働
リンク集
英語版
English
 トップ>大原デジタルライブラリー>大原クロニカ>『社会・労働運動大年表』解説編

大原クロニカ
『社会・労働運動大年表』解説編

車会党[労]1882.10.4

 人力車夫の結社.自由党の奥宮健之・車夫の親方三浦亀吉らが結成した.鉄道馬車の創業に打撃をうけていた車夫に呼びかけて懇親会を開催,200〜300人が参加した.以後各所で懇親会を開いて宣伝活動を展開し,これが車会党と通称された.11月24日の車夫政談演説会には2千余人が集まったという.11月28日,奥宮・三浦が官吏職務妨害で検挙されたため自然消滅した.〔参〕絲屋寿雄《自由民権の先駆者》1981.⇒1903[労]6.12.


大原クロニカは、法政大学大原社会問題研究所編『新版社会・労働運動大年表』(労働旬報社、1995年)に基づいたウェブ歴史事典です。日本の社会運動・労働運動を中心に解説しています。

●『新版社会・労働運動大年表』凡例

●『社会・労働運動大年表』データベース


大原クロニカ

トップ
総合案内
研究活動
刊行物
大原デジタル
ライブラリー
大原デジタル
アーカイブス
大原デジタル
ミュージアム
大原社会労働
リンク集
英語版
English