OISR.ORG 法政大学大原社会問題研究所
トップ
総合案内
研究活動
刊行物
大原デジタル
ライブラリー
大原デジタル
アーカイブス
大原デジタル
ミュージアム
大原社会労働
リンク集
英語版
English
 トップ大原デジタルアーカイブス>高野房太郎日記

高野房太郎日記

「高野房太郎日記・明治30(1897)年」の概要

 高野房太郎(1869-1904年)は日本の労働組合運動、生協運動の創設者であり、大原社研初代所長・高野岩三郎の実兄です。現存する「日記」はこの年だけですが、日本の労働組合運動の誕生までの日々を当事者が肉筆で記録した貴重な史料です。記述は簡単ですが、1月1日の年頭の決意、社会政策学会へ参加を認められた2月7日、日本最初の労働演説会が開かれた4月6日、『職工諸君に寄す』の発行を届け出た4月16日、職工義友会主催の演説会を準備した6月中旬以降、労働組合期成会を結成した7月5日とそれ以後の活動、さらには鉄工組合の発会式を開いた12月1日などが注目されます。使われた日記帳は博文館が発行した『明治三十年当用日記』で、「金銭受入・金銭支払」欄があり、房太郎の日常生活を知る重要な手がかりが残されています。

利用のご案内

参考文献

・二村一夫著 『労働は神聖なり、結合は勢力なり −高野房太郎とその時代』(岩波書店、2008年)第8章以降、とりわけ163〜168ページ。

高野房太郎日記・明治30(1897)年



脱酸・修復、PDFファイル作成:東京修復保存センター
2010年6月30日公開



 トップ大原デジタルアーカイブス>高野岩三郎日記
トップ
総合案内
研究活動
刊行物
大原デジタル
ライブラリー
大原デジタル
アーカイブス
大原デジタル
ミュージアム
大原社会労働
リンク集
英語版
English